ぷらっとおんなひとり旅

東京から気軽に行ける、ゆるい日帰り旅行。

コスパ最強!みさきまぐろきっぷの旅

こんにちは。

最近雨が多くて嫌になっちゃいますね!

だけど、ずーっと雨が続いてたのに、休みの日、しかも給料日にスカッと晴れたとしたら・・・?

どこか行くしかありませんよね!!!!

 

昨日久々にスカッと晴れたので、居ても立っても居られなくなり、ひとり旅決行。

今回は、夜勤明けの次の日で疲れもあったので、行き慣れてるところに。 とにかくどこかに行きたいんだ!

 

三崎へ

www.keikyu.co.jp

なんと、品川から電車+バス+食事+アミューズメント(温泉or水族館or船など)全部セットで3500円です。いろいろ探しましたが、これ以上コスパの良いフリー切符はないと思います。あったら教えてください!!

 

久々の晴れなので洗濯をたくさんしてたら、予定してた出発時間を過ぎてしまいました。この際だから朝ドラ「半分、青い」も見ていくことにします。

f:id:yurucat:20180929134436j:image

終盤、どうでもよくなってきたが、ラスト近いので一応見る。

 

品川駅です。

f:id:yurucat:20180929134513j:image

JRから京急への乗り換え口です。

f:id:yurucat:20180929134533j:image

みさきマグロきっぷは今や自動券売機で買えます。サラリーマンがごった返す中、これからまぐろ食べに行くんですけど?という優越感に浸ります。

 このきっぷが出始めの頃は、窓口でしか買えなくて、つづりの切符を駅員さんが一枚一枚日付印を押してくれたんですよね~。便利になった分、味気のない切符になりました。

ここで初心者の方は、必ずリーフレットをもらってください。きっぷが使えるお店が載っているので、どのお店でまぐろを食べるか、おもひで券はどこで使うか、電車の中で決めましょう!

 

9:40特急三崎口行きの赤い電車に乗ります。赤い電車はいろんな種類があって、ボックス席がいっぱいあるのとか、全然ないのとか、少しあるのとか。あと、くるりの「赤い電車」という歌に出てくる♪ファソラシドレミファソ~という音が出る電車は、たまにしか出くわしたことがありません。電車に詳しくないのでこれ以上は聞かないでください。

 

f:id:yurucat:20180929134655j:image

 

三崎口行はたいてい空いているので座れます。

f:id:yurucat:20180929134614j:image

横浜をすぎるとさらに空いてくるので、ボックス席ひとり占め。

1時間半くらいで着きます。

 

バスで城ケ島に向かいます。

平日でしたが、行楽日和なのでじじばばの多いこと!

途中、三崎港を通ります。

f:id:yurucat:20180929134745j:image

うらりという産直センターや、まぐろを食べられるお店がいっぱいあります。今回はスルーします。

 

城ケ島大橋を渡ると城ケ島です。

f:id:yurucat:20180929134812j:image

11:45バスを降りたらお土産屋さんの通りを抜けて、

f:id:yurucat:20180929134833j:image

突き当たると海に出る。

f:id:yurucat:20180929134900j:image

 

右に行くと城ケ島ホテルがあるので、そこで海を見ながらお昼にします。

f:id:yurucat:20180929134920j:image

まぐろづくしです。

三崎港の方に人気のお店があるようですが、並んだり途中下車するのがめんどくさいので私はいつもここです。十分おいしいです。

 

おばちゃんグループの会話。

おばちゃん「ビールください」

店員「アサヒかキリンになりますが」

おばちゃん「じゃあ私サッポロ!」

 

バスの時間まで約2時間あるので、散策します。※バスの本数は非常に少ないです。

f:id:yurucat:20180929135011j:image

こんな岩場を歩くのでスニーカー必須。

f:id:yurucat:20180929135039j:image

トンビが岩の上で羽を広げて休憩しはじめた。

近寄ったら顔だけグリンとこっち向いた!

 

閲覧注意?

f:id:yurucat:20180929135142j:image

この黒くて丸い石みたいな貝、全部やどかり在住でーーーす。モゾモゾ

 

f:id:yurucat:20180929135244j:image

赤ちゃんヤドカリがかわいいったら。

 


f:id:yurucat:20180929135329j:image

たまに砂浜もあり。貝だまりでタカラガイを探す。楽しい。

タカラガイを探し始めるとなかなか前に進まない・・・

 

やっと馬の背洞門に到着。

f:id:yurucat:20180929135442j:image
f:id:yurucat:20180929135445j:image

この穴から吹いてくる風が冷たくて最ッ高に気持ちいい。

f:id:yurucat:20180929135508j:image

階段を上ります。

f:id:yurucat:20180929135556j:image

断崖絶壁に立つと、火サスの音楽口ずさんじゃうよね。

上の道から灯台方向に戻ります。

f:id:yurucat:20180929135650j:image

f:id:yurucat:20180929135736j:image
f:id:yurucat:20180929135740j:image

人気のないうっそうとした道をひたすら進む。このドキドキがあると、ひとり旅がぐっと楽しくなる。やっぱ人生、刺激がないとね。でもヘビとか蜂とか絶対出るなよ~~~頼むよ~~~

 

f:id:yurucat:20180929135805j:image

気持ち悪いほどトンボだらけだった。

 

バスの時間まで少しあるので、秘密の場所に行きます。

f:id:yurucat:20180929135834j:image

公衆トイレ。ではなく、この裏。

f:id:yurucat:20180929135902j:image
f:id:yurucat:20180929135905j:image

ここの潮だまり、かわいい魚とかね、生物がいっぱいいるんすよ~。ヒヒヒ 

※波が高いので、さらわれない様注意。あと、すべりやすい。

 

14:00バスで油壷マリンパークへ向かいます。

f:id:yurucat:20180929140033j:image

 

f:id:yurucat:20180929140101j:image

開園50周年のレトロ水族館。

f:id:yurucat:20180929140348j:image

ご長寿(45歳くらい)のシロチョウザメとガー。


f:id:yurucat:20180929140345j:image

クエーーーッ


f:id:yurucat:20180929140342j:image

360度パノラマのサメ水槽。誰もいない。独り占め。都心の水族館と違って、落ち着いて魚を見られるのが本当に贅沢。


f:id:yurucat:20180929140354j:image

アシカのえさやり。


f:id:yurucat:20180929140351j:image

15:30からのイルカアシカショーを見ます。


f:id:yurucat:20180929140338j:image

開館50周年記念公演でした!なにげにペンギン君(油壷マリンパークのキャラクター)のファンです。

 

水族館を出たら、左手へ。最後のお楽しみ。

 

f:id:yurucat:20180929140447j:image

坂を下ると・・・


f:id:yurucat:20180929140450j:image

プライベートビーチ☆!

 

f:id:yurucat:20180929140519j:image

でも今日は暑かったせいか、人がいつもよりいてにぎやかでした。釣りしてる男の人が多かった。

最後にもう一回貝拾いして帰りましょう。

 

16:43 バスで三崎口へ。

f:id:yurucat:20180929140535j:image

あっっ!よく見たら三崎マグロ駅になってるーーー!!

 

17:00 三崎口から品川行きの赤い電車で帰ります。始発なので100%座れます!

 

もう何度も行ってる三崎ですが、まぐろがたらふく食べられて、思う存分貝拾いができて、海辺の生き物が見れて、自然のドキドキが味わえて、しかも安いってもう最高じゃないですか?3500円以外にかかったお金は、ウチから品川駅までの交通費と飲み物代だけです。

もう少し早く出れば、温泉も(+1000円で)入れましたね。

 

ちなみに繁忙期(GWとか)は道が大大大渋滞して大変なことになりますので、なるべく平日行くのがおすすめです。

なお以前に娘と行った時の記録もありますので、よろしければそちらも参考にしてみてください。今回とほぼ同じですが。

yurucat.hatenablog.jp

おまけ

城ケ島の猫

f:id:yurucat:20180929145638j:image
f:id:yurucat:20180929145635j:image
f:id:yurucat:20180929145632j:image

 

それではさようなら。